離婚問題はそれぞれ複雑化している。

Posted on 土曜日, 2月 22nd, 2014 by rikon-muryosodan-denwa No Comments Comments

離婚といっても家庭それぞれ理由は様々だとは思うが、私の家系と旦那さんの家系は離婚率が高い。
私の母、母の妹、私の姉、旦那の母、義母の妹・・・これだけ聞くとかなりイメージは悪いがみんなすごく明るく暮らしているから。
離婚も悪いものではないのでは、と最近思うようになった。ただ、お互いを傷つけあう離婚だけはしてはいけないような気がする。

お金が絡んだりすると人間は思ってもない事を口走ったり、態度に出たりとかなり冷たい人間になってしまうが、
離婚の時は潔く、シンプルに!が基本なんじゃないかと思う。私の父と母は父の浮気が原因で離婚の裁判をして離婚するのに9年かかった。
その2年後姉が離婚した。私も結婚しているが、離婚したいと思った事はまだ一度もない。もし思ったとしても軽々しく口にはできないのが離婚というワードなのだと思う。
母は離婚に苦しんだが今はすごく楽しそう。姉はすっきりきっぱり離婚したが今は大変そう。それぞれ理由はあるけれど離婚が悪いというイメージはなくなった。
だからと言って簡単に離婚をするのはどうかと思う。相手を思いやる気持ちが持てないのなら離婚すればいいと私は思った。

私の周りには離婚した友人が数人いますが、離婚というのは本当に複雑なものだなと思っています
。一人の友人は古風な義両親が友人夫婦に子供ができないことに対し、重圧をかけてきたことで別居することになりその後2年間の別居期間を経て離婚にいたりました。
本人同士は子供ができなくても仲良く生活していこうということで一致していたのにもかかわらずお姑さんがメールや手紙、
電話などで友人に「病院で検査を受けなさい」というようなプレッシャーをかけ続けてきたそうです。

友人は精神的に追い詰められてしまい、これ以上我慢ができないということで実家に戻り、別居生活に踏み切りました。
このように本人同士が好きで結婚して普通に生活していても、周りの圧力によって結婚生活が破堤させられるという現実が実際に身の回りでおきてしまいショックでした。
もう一人の友人は彼女の場合は旦那さんとのお金の価値観の違いによって離婚することになりましたが、
子供がいたために親権や子供の精神的ケアなどでとてもデリケートな問題が多く、離婚とうのは本当に大変で、エネルギーがいるものと言っていました。
どちらの友人も離婚した後はしっかりと自分の道をすすんでいます。

その時に役立ったのが離婚弁護士との事です。

No Comments